資金使途をはっきりさせるべき理由とは

確実に融資を受けるために、資金使途をはっきりさせるべき理由とは

銀行で融資を受けることを考えている場合、資金が必要になっているということなので、融資を断られると困ることになります。そのため、融資を受けるのであれば事前にできる準備をしっかりしておき、断られる原因を少しでも減らしておくべきです。

そのための一つとして、資金使途をはっきりさせるということがあります。資金使途とは、融資されたお金をどのように使うのかということです。これは、銀行で融資を受ける際に必ず確認されることです。なぜなら、お金の使い道をはっきりさせることによって、融資したお金をきちんと返済してもらえるかどうかを判断しているからです。

資金使途には2種類あります。1つ目が、設備資金です。これは目に見えるものなのでわかりやすいと思いますが、例えば事務所を構えるための建物であったり、商品を製作するために使用する機械であったりなどの、事業を行うために必要な設備を整えるための資金となります。

そのため、融資を受ける際に銀行に対しても説明しやすく、銀行側としてもそれが必要な設備であると判断できれば、その設備を利用して上げた利益で返済が可能であるなどと見通しを立てることが可能です。したがって、設備資金として融資を受けた場合は、事前に銀行に伝えた通りの使い方をする必要があります。使い方が変わると、融資を受ける際の審査で通らなかった可能性もあることから、この辺りはきちんと行わなければなりません。

また、銀行側としても約束を破られると返済が上手くいかないという可能性もあるため、見積書や領収書など、書類の提出を求めることによって、資金の使い方が変わっていないかどうかを確認しています。事前に伝えた用途以外に使うと、全額返済を求められるなど、不利になることもありますので、融資の審査を受けるときにはしっかり必要な物が何であるのかを考えたうえで融資を受けることが大切です。

2種類の資金使途のうち、もう1つは運転資金です。これは、実際に事業を行う際に必要となる資金として使用するというもので、目に見えないものに対する投資であるということになります。例として給料の支払いや、商品の仕入れなどが挙げられます。ほかにも、この資金の使い方は事業内容によって様々な可能性が考えられます。

そうなると、銀行側としては、それを元に融資を返済してもらえるかどうか判断することが難しいのはおわかりいただけるかと思います。そのため、運転資金として融資を受けたいと考えている場合は特に、どのような目的でそのお金を使用するのか、はっきりさせておく必要があります。

曖昧なまま申し込みをしても融資を受けられない可能性がありますので、事前にどのようなことに使用したいのかよく考えたうえで、出来る限り具体的に銀行側に伝えるようにしましょう。そうしておくことで、融資を受けやすくなります。

このように、大きく分けると2つの種類がある資金使途ですが、実際にはそのお金をどのような形で使うかは、企業の業種によってかなり違うということになります。そのため、それぞれの企業で何のためにお金が必要なのか、それをどのように使うのか、できるだけ明確に計画を立てて、はっきり銀行側に伝えられる状態にしておくことが、審査を通りやすくするための近道であると言えます。