必要書類をきちんと揃える必要性

必要書類はきちんと揃えよう、資金調達をスムーズに進めるために

融資を申し込む際には、多くの種類の書類が必要となります。そうなってくると、全ての書類を揃えたつもりでも、きちんと揃っていないということも無いとは言えません。

この書類なのですが、そもそも何のために必要とされているのでしょうか?それは、金融機関が、提出された書類を元に、実際に融資をした時にきちんと返済されるような企業であるかどうかを見極めるためです。そうなると、たくさんあったから忘れたと言えるような性質のものではないということがわかりますよね。

この書類なのですが、事業を始めてどれくらいの年数が経過しているかによって、提出しなければならない書類の種類が違います。例えば、これから創業しようとする企業であれば、事業概況書類や商業登記簿謄本など、その企業がどのような事業を行うのかなどを知ることができる書類の提出が求められます。逆に、創業して間もない場合はまだ決算を迎えていないこともあるので、決算書類は提出を求められませんが、それ以外の場合は、必ず提出する必要があります。

このように、必要とされる書類にはいろいろあるので、融資を受けたい時には、まずは金融機関の案内を確かめましょう。その中でも、特に融資を受けられるかどうかの結果を左右する書類があります。それは、創業からの時期に関わらず提出を求められる、資金使途資料です。簡単に言えば、融資されたお金をどのように使うかを書いた書類ということになりますが、この書類の内容は融資をする際の判断材料として特に重要視されます。

この資金使途には、大きく分けると設備資金と運営資金の2つがあるのですが、融資したお金がそのどちらに使われるのか、使い道がはっきりしていて、内容も正当であるとみなされると、返済する能力があると判断され、融資が受けやすくなります。逆に、何にお金を使うのかが曖昧な場合は、融資を断られる可能性もあります。そのため、できるだけ具体的に記入して、金融機関にきちんと説明ができることが重要になります。

さらにもう一つ、融資ができるかどうかに大きな影響を持つ書類があります。それは、創業して間もない企業以外が提出を求められる、決算書類です。これを見れば、企業の財務状況がわかるので、融資ができるかどうかを判断するのには適していると言えるからです。

また、決算書類は、書き方によっては正確さを欠くものが出来上がる場合もあります。そうなると、企業の信頼性という意味でも好印象は与えません。そのため、決算書の内容はできるだけ正確に書くことを心掛け、もし何か聞かれた時にはその内容を説明できるだけの準備が必要となります。

このように、申込時の書類の内容によって融資ができるかどうかが左右されます。資金調達をスムーズに進めるためにも、必要な書類をきちんと確かめてから用意し、さらに内容にも気を配る必要があると言えます。