不動産担保銀行ローンと一般ローンで得な方

お金を借りるならどちがらお得?不動産担保銀行ローンと一般のローン

不動産担保銀行ローンとは、銀行で組むことができるローンの中で、不動産を担保とすることによってお金を借りるというものです。ですが、それ以外にも、お金の借り方はいろいろありますよね。同じように銀行でローンを組む場合でも、不動産を担保としない方法もあります。また、銀行以外でも、融資を行っている金融機関はたくさん存在します。

そうなると、いろいろな選択肢が存在することになりますが、同じお金を借りるのであれば、少しでも有利になる方法を選びたいものですよね。そこで、不動産担保銀行ローンを利用するのと、一般のローンを利用するのではどちらがお得なのかを考えてみたいと思います。

まずは、不動産担保銀行ローンを利用するメリットから見ていきましょう。まずは、融資額が大きくなるということが挙げられます。無担保のローンの場合は、個人の返済能力を元に借り入れできる金額が決まりますが、不動産を担保とした場合、不動産の価値に合わせてさらに借りられる金額が上がるため、高額の融資が必要な際に便利です。

また、不動産を担保とすることには、もうひとつのメリットがあります。それは、金利が低く抑えられるということです。これは、返済が不可能になった場合、担保となっていた不動産を売却することによって銀行がお金を回収しやすいため、金利が低く抑えられるという仕組みになっています。金利が低くなれば、それだけ返済する額が少なくて済むということですよね。

しかし、不動産担保銀行ローンを利用する際には、注意しなければならない点もあります。それは、不動産自体の価値がどのように評価されるかによって、思ったほどの評価がでないこともあるということです。さらに、評価額と同じだけのお金を借りることができるわけでもなく、そのうちの一定の割合までしか融資を受けることができないという取り決めになっています。

そうなると、必要な額の融資を受けるためにいくつかの不動産を担保に入れる必要が出てきます。しかし、不動産を担保に入れると、その不動産の価値は下がってしまいます。さらに、融資されたお金を返済できない時には、不動産自体を失うことにもなります。

そして、一番注意が必要なのが、借りられる金額が、通常返済可能な額だけではなく、不動産の分も加味されているということです。ということは、返済する場合、しっかり計画を立てておかなければ、返済がかなり厳しくなるということになります。

また、高額の融資を受けるということは、返済期間も当然長くなります。もしくは、返済期間を短くしようとすると、一度の返済額が高くなることになります。そのようなことから、、本当に借りただけのお金を返済することが可能であるのかどうか、よく考えてから融資を受けないと、将来的には返済が不可能になるということも十分に考えられるのです。

そのため、不動産担保銀行ローンは、返済できる見通しがあるのであれば、金利を低く抑えられるなど、一般のローンに比べてメリットは十分にあります。しかし、先ほど述べたデメリットの部分も考えに入れると、高額の融資が必要である場合以外は、安易に契約する性質のものではないと言えます。そのため、高額の融資を受けたい場合以外は、一般のローンの方が向いています。

どれくらいのお金が必要であるのかをよく考え、どのローンを利用するのか計画を立てるようにしましょう。