不動産担保とはどのようなものか

不動産担保融資とはどのようなもの?詳しく知って有効に利用しよう

皆さんは、不動産担保融資という言葉をご存知でしょうか?言葉自体はあまり聞いたことがなくても、家などを担保としてお金を借りることであると聞くと、その方法自体はご存知の方が多いのではないかと思います。その不動産担保融資なのですが、不動産という担保があることによって、担保がない時に比べて高額のお金を借りることができるなどの特徴を持っています。

個人で高額のお金を必要とする機会はあまりないかもしれませんが、事業を興そうとしたときなど、必要となる場面は考えられます。そこで今回は、不動産担保融資について詳しく見ていき、どのような場合に有効に利用できるのかを考えてみたいと思います。

不動産担保融資とは、最初に少し触れたように、住居や土地などの不動産を担保とすることによって、融資を受けるという仕組みになっています。万が一返済できない場合は、金融機関は不動産をもとにお金を回収することができる見込みがあるので、通常よりも高額の融資を受けやすい融資の方法です。

それでは、不動産担保融資を行っている金融機関についてですが、これは数多く存在します。銀行はもちろん、銀行系ではない金融会社もあります。そのため、いきなりここと決めて融資を受けるのではなく、いくつか比較してから決めることをお勧めします。ではなぜそのように言えるのか、不動産担保融資の特徴と合わせて見ていきましょう。

まずは、不動産を担保として融資を受ける際には、必ず審査があります。この審査なのですが、金融機関によって通りやすさが違います。一般的に、銀行の方が審査が厳しめになります。また、この審査の内容として、不動産の価値を見るというものがあります。その不動産の価値と、融資を受ける人の返済能力などを総合的に判断して融資額は決められるのですが、この審査の方法も金融機関それぞれです。

そのため、同じ不動産を元にしても、金融機関によって融資を受けられる額も変わってきます。必要な額の融資が受けられていれば、返済のことも考えてそれ以上多額のお金を借りられる金融機関を探す必要はありませんが、融資を受けたい額に満たない場合は、金融機関を変えることで借りられるようになる可能性は残されています。

また、不動産担保融資を受ける際、担保として必要とされる不動産の数にも、実は金融機関によって違いがあるのです。不動産を担保物件にしてしまうと、その不動産の価値は下がります。そのため、できるだけ少ない数で抑えたいものです。そういった意味からも、金融機関をきちんと比較して、少しでも条件の良い金融機関を選ぶべきだと言えますね。

また、返済の際の利息も金融機関によって変わってきます。そのため、同じ額の融資を受けられるのなら、やはり金利が安い金融機関を選ぶべきです。

このように見てみると、金融機関によってかなり大きな差が出てくることがおわかりいただけたと思います。そのため、慎重に契約する必要があります。また、融資額が高額になるので、本当に返済できるかどうかを考えたうえで契約することも必要となります。

したがって、不動産担保融資とは、安易に契約するべきものではなく、事業資金に必要であるなどの特別な理由があり、どうしても高額なお金が必要な時にのみ利用するべき融資の方法であると言えます。そういった意味で利用すると、高額の融資が受けやすいという不動産担保融資の特徴をうまく活かすことができますね。