未成年でも融資が受けられるかどうか

未成年でも受けられますか?融資と年齢の関係

銀行で口座を作るなどといったことは、年齢制限が無く誰でも行えます。年齢によっては保護者が手続を行うことが必要になる場合もありますが、実際私も子ども名義の通帳を持っているように、誰でもできることです。それでは、融資を受けるということに関してはどうでしょうか?

例えば、学生生活を送るなかで、勉強に必要な資金が足りなくなった、家賃などの支払いが負担になってきたなど、学生ならではの理由でお金を借りたい場合もあると思います。さらに、自分でアルバイトをしながら学費を払っているような場合には、なおさらまとまったお金が必要になることが考えられますよね。そこで、融資を受ける際に年齢が関係あるのかどうかについて見ていきたいと思います。

お金が必要なことが考えられる学生であっても、残念ながら、未成年は融資を受けることはできません。さらに言えば、高齢者も融資を受けることが難しくなっています。未成年が融資を受けることができないということは、法律で決められています。ただし、親の承諾がある場合は別となります。親が保証人になるのであれば、融資を受けることは可能です。

なぜこのような取り決めになっているのかというと、キャッシング会社としても、きちんと返済できる相手でなければお金を貸すことはできないからです。未成年の場合、定職に就いている人はあまり多くありません。そのため、収入が一定ではないので、返済は難しいと判断されます。

それなら、未成年でも定職に就いている人なら融資を受けることができるのではないかと思いますよね。しかし、未成年はまだ経験が浅く、きちんと返済ができるかどうかを判断して借りるという力があるかどうかを疑問視されるという側面もあります。

返済できないということになると、それ自体ももちろん問題ですが、さらに困った問題が起きてしまいます。もし返済できないような状況を作ってしまった場合、将来住宅ローンや車のローン、教育ローンなど必要なローンを組みたいと思った時に、過去に返済できなかったことが理由でローンを組めない可能性が高くなります。そういった面を考えて、未成年が融資を受けることができないということには、未成年を保護するという意味も込められているのです。

そう考えると、逆に未成年にでも融資ができますという金融会社があったら、疑いを持って見なければいけないということになりますね。融資を受けた場合、きちんと返済するということが最も重要です。そういった意味から、未成年は融資を受けることができません。そのため、成人するまでは、何か問題があったら、大人に相談することによってその問題を解決することが必要です。