M&Aとは

「M&A」とは、企業の合併、買収を指す言葉で、経済活動の中で大きなウェイトを占めている手法でもあります。会社の規模を大きくしたり、また、反対に縮小したり、新規事業に着手する時などに行われます。フジTVとライブドアの買収問題がマスコミでも大きく報じられたことで、一般にも知れ渡ることになったのも記憶に新しいことです。

また、企業グループの再編、事業統合や業績悪化の企業を救済する目的で、M&Aが行われることもよくあります。M&Aを行うことで、競争力がついたり、新たな販路が拡大されたり、技術革新に繋がり、企業に活気が出てくることがその背景にはあります。

長らく、日本の経済は低迷していました。その根本的な問題として、経済の硬直化がありました。技術力のある中小企業が、資本力の問題のために、販路がうまく拡大できなかったり、ヘッドハンティングによって技術者が引き抜かれてしまったり、という問題も大きな問題としてありました。また、大企業には、大きくなりすぎて、機動力に欠ける面もあり、経営のマンネリ化などが問題となっていました。

このような状況を脱するためには、思い切った経営統合をすることもカンフル剤的な働きをすることもあります。そういう観点から、M&Aも以前より、活発に行われるようになってきました。時には、企業が国内外の競争力をつけるために敵対的なM&Aを行うこともあります。市場縮小の問題もあり、このような手法も増加傾向にあります。

また、中小企業の後継者問題も深刻になっていますが、
後継者がいないことで廃業してしまうことは、従業員の生活を不安に陥れることでもあり、また、技術力の継承ということから言っても社会的に大きな問題でもあります。こうした場合にも、思い切って、M&Aの手法をとることによって解決できることもあります。

M&Aにおいて大切なことのひとつに、仲介する業者選びの問題があります。どのような規模で、そういう形でM&Aをしていくかは、とても重要な問題であります。業者によって得意分野や手法も違っているので、当然、結果も違ってくるからです。

1.自動車任意保険の総合ガイド
プロが一番安く必要な特約がどれかを説明してます。

2.アフラック募集代理店  藤森年三 東京都杉並区
ダックでおなじみのアフラックがガン保険の必要性を掲載します