融資の金利が安いだけで決めてはいけない

融資の金利は安いほうがいいが、それだけでも決められるものではない

熊本県在住 D.Kさん(36歳)
融資について色々と友人と話をすることも多いです。なんといっても貧乏な我々ですから、キャッシングなどの融資がなかったら生きていけませんん。そしてどこかで一時的なお金が入ったら、そのお金で融資の金利と元本を支払う…そうやって生きてきています。

実際に貧乏なのは仕方ないとしても、この融資というのはいろんなモノがあるなというイメージです。銀行系の融資もありますし、キャッシングやノンバンクのものもあります。個人間での融資というのもありますし、状況によって使い分けるのが一番でしょう。

ただ私達がいつも話していて思っているのが、個人間の融資にしても消費者金融にしても銀行系にしても、融資を受けるときに金利は気になるものです。とはいえ金利だけで決めてしまうというのは非常に怖いことだ、ということを話しています。

どうしてかというとこういうことがありました。今までよりも金利が低いところを見つけたので融資をしてもらったのですが、そこで融資をしてもらった時に返済をしようとしたら対応が銀行振込みのみになっていたんです。

今までは全国にあるコンビニで返済も対応しているというところを使っていたので、とたんに返済が面倒になりました。それに振込手数料もこちら側負担となっていたので、結果的に私達が金利が安いと思って借り入れていた業者はコストが多めに掛かったのです。

このようにどこで返済できるか、そして返済方法はどういうものがあるかというのもしっかりと検討しないと行けないということです。となるとやはり一番いいのは有名なカードローンやキャッシングを使うのが一番無難ということになります。

案外こういう有名な業者の融資というのは安心感もありますし、どこでも返済が可能という点もありがたいです。しかし金利面では優遇されないですから一長一短ではありますが。結果的に総合力では安定感もあっていいと思いますけれど。

人によって考え方は色いろあるでしょうが、友人といつも話すのは金利以外の面についてなのです。