固定金利と変動金利、住宅ローンで得なのは

固定金利と変動金利、どちらを選ぶべき?住宅ローンを借りる場合

住宅ローンは長期にわたって借りるものであることと、借り入れの金額も大きくなる性質を持つものであることから、金利はかなり重要になってきます。ほんの少しの利率の差に見えても、長い年月を考えれば、返済しなければならない金額の差は大きくなります。そこで、みなさん悩まれるのが、住宅ローンを組む場合に固定金利制を選べばよいのか、それとも変動金利制を選べばよいのかということではないでしょうか。そこで今回は、それぞれの特徴について見ていきたいと思います。

まずは固定金利制からですが、これにはさらに2つのタイプがあります。1つ目が、全期間固定金利型です。これは、名前の通りで、全ての返済期間に渡って金利が変わらないというものです。この借り方の場合、一番のメリットが返済計画が立てやすいということです。そのため、この借り方で、月々に返済が可能な額を意識してローンを組むと、金利の変動に惑わされずに安定して返済をすることができます。しかし、この借り方は金利が最も高くなるというデメリットがあります。

2つ目が、固定金利選択型と言われる方法です。これは、ある一定の期間は固定金利で返済し、一定の期間を越えたら変動金利に変わるというものです。固定金利の時期は、商品によって違います。この場合、ローンを組んでからしばらくの間は金利が変わらないことになるので、ローンを返済しながら生活するという新しい状況に慣れるためには適していると言えます。

ただし、固定金利の期間が終わった後、変動金利になる際に、その時の金利によっては返済額が上がってしまう可能性もあります。商品によっては、固定金利の時期が過ぎた後、もう一度固定金利にするか変動金利にするか選ぶことができるタイプのものも存在します。

それでは次に、変動金利型です。これは、年2回、その時のレートに合わせて金利が変わる仕組みになっています。ただし、実際に返済するときには、5年間は返済額が固定されたままになっており、5年ごとに返済額が変更されます。そうなると、金利が変わるのになぜ返済額が一定なのかと疑問に思いますよね。これは、返済額の中で、元金部分を金利に合わせて調整することで、返済金額を一定にするという方法が取られています。

つまり、金利が上がった場合、元金部分が減らずに利息部分だけを返済してることになります。そうなると、金利によっては思った以上に元金が減らないという状況になることがあります。このように、変動金利制は金利が下がるときには有利になるのですが、金利が上がると元金部分が減らないということになります。さらに、返済額が金利に左右されるため、返済計画は立てにくくなります。

では、実際にはどの方法を選ぶのがよいのでしょうか。先ほど、固定金利制を選ぶと、金利が一番高くなると述べましたが、この金利の差はわりと大きいため、実際には変動金利を選ぶ方が有利になる場合が多くなっています。ただし、金利が絶対に上がらないとは言えないので、今後金利が急に上がりそうだと予測できる場合は、固定金利も視野に入れましょう。

正直なところ、金利はこれからどう動くのかは読みにくいということは事実です。また、今のままの生活であれば大丈夫と思っていても、職場を変わる必要が出てきたり、給料の額が変わったりするようなことが絶対に無いとは言えません。したがって、ローンを組む時には、返済できるぎりぎりの額でローンを組むのではなく、金利が上がったと仮定しても生活が維持できるだけの余裕を持って組むというように、ローンを組む段階で考えておくべきであると言えます。