融資の時に役立つ金利計算の方法を紹介

まずはここからおさらいしましょう!優しい金利計算の方法をご紹介

一般教養って大事ですよね。芸術の事や政治の事、宗教的な事や自分が生まれた国に関する基礎知識などなど。これらの背景となる知識が共有できるかできないかって人間関係に大きな影響があったりします。この部分が共有できるといろいろな話がスムーズにできます。

さて、一般教養と聞いてあなたはお金の知識の事を思い浮かべたでしょうか?どうでしょうか?日本ではお金の話をする事を野暮だなんて言ったりします。お金をどちらかというと汚いもののように考える人が多いように思いませんか?私はお金の知識も一般教養の中に入れて、もっとお金の話を積極的にするべきだと思っています。

お金の事をどのようにとらえるかは別にしても逃れようのない現実が目の前にあります。それは私達が資本主義経済の中で生活しているという事です。お金を好きだろうが嫌いだろうがお金がないと生活できない訳です。であればお金に関する勉強をしても損になる事はないと思いませんか。

資本主義経済の象徴的な行為として銀行などを中心とするお金の貸し借りがあります。そしてこのお金の貸し借りのミソが金利です。貸し手側の儲けの源であり、預金者にとっても重要ポイントです。借りる時ばかり金利が気になってしまうものですが預金する時も金利を意識しましょう。倉庫にしまう訳ではないので長期的に考えると案外大きな違いになってきます。

さていろいろと話しましたが大前提として金利計算の方法を再確認しましょう。とここで計算式を紹介したいところですが、あえて計算式は紹介しません。だって私達が計算式を知っても毎日使う訳ではありません。こんな時こそインターネットです。「金利計算」と検索すれば良いんです。そうすれば難しい理屈は置いておいて、必要な数字を入力すれば勝手に計算してくれるフォーマットが山ほど出てきます。

ポイントは意識しているかいないかなんです。ひと昔前は知っているか知らないかだけが大きな違いになりました。しかし今はインターネットのおかげで状況が全く変わってしまったのです。その気があれば誰だって調べられるし勉強もできる時代なのです。ただ正解も間違いもネット上に同じように転がっているのでそれを見極める事が何より重要なのです。

金利も世の中の状況もコロコロと変わっていきます。金利計算をきっかけに新しい情報をその都度調べるという事を習慣にしてみてはいかがでしょうか。