主婦がキャッシングを利用する方法

収入がなくても借りられる?主婦がキャッシングを利用する方法とは

キャッシングとは、お金を借りることなので、審査に通らなければ融資を受けることができません。その審査なのですが、これは主に返済能力があるかどうかを調べるものになります。そのため、審査に通る条件となるのが、安定した収入があるということになります。さらに、総量規制と呼ばれる制限もあります。これは、年収の三分の一にあたる金額までしか融資を受けることができないという決まりです。

そうなると、専業主婦で収入が無い場合、その時点ですでにキャッシングはできないということになってしまいますよね。しかし、自分で収入を得られる手段がない分、急にお金が必要になったときにどうにもやりくりができなくなる可能性が高いのは、もしかしたら主婦なのではないでしょうか。

私自身も、子どもが小さい頃は働ける環境になく、専業主婦をしていました。その中で、子どもの成長の節目の行事、ご近所付き合い、冠婚葬祭など思わぬお金が必要なことが続き、働いていたころからしていた貯金を切り崩すということが続いた時期がありました。場合によっては、これではどうにもならないかもしれないとも考えましたが、そのように例え自分自身が節約していたとしても、どうにもならない事情でお金が必要な場面は多くあります。

それでは、収入の無い専業主婦はキャッシングをすることは不可能なのでしょうか?実は、収入の無い主婦でもキャッシングができる方法はあります。先ほど挙げた総量制限の対象とならないキャッシング会社もあるので、そこでは、年収に関わらずキャッシングをすることが可能となっています。金融会社は限られることになりますが、利用できる手段はあると言うことですね。

ただし、この場合、融資を受けられる金融会社はかなり少なく、借り入れ限度額が低くなる、金利が高いなどのデメリットを伴います。さらに、誰でも借りることができるというようなことが書いてある場合、正当な金融会社ではない可能性も高くなります。そうなると、危険が伴うよりも確実な方法を選びたいですよね。

そこで、おすすめの方法としては、総量規制の対象の金融会社であっても、個人としてではなく、世帯として融資を受けるという形を取ることです。つまり、専業主婦の人に収入はなくても、配偶者の収入を元にして融資を受けるということですね。そのため、配偶者に返済能力があれば、キャッシングを受けられる可能性が高くなります。配偶者に相談のうえ、上手く利用すれば、急場をしのぐのには有効と言えます。ただし、配偶者が規制の額まで借り入れを行っていた場合には、融資は受けられないことになります。

キャッシングを利用するということには、必ず返済が伴います。そのため、後で余裕ができたときに、すぐに返済できる範囲でキャッシングをする必要があるということは忘れてはいけません。それさえ守れば、主婦がキャッシングをすることに何の問題もありません。必要となった場合は、キャッシングを受けられる融資会社を探してみましょう。