融通と融資の違いを知ろう

似ているようで微妙に差がある、融通と融資の違いを知ろう

融資に関わる言葉には、似たような表現がいくつもあります。また逆に、全く違う表現でも、実は同じことを意味している言葉もあります。そのような言葉として、融通と融資があります。言葉上は似ていますが、この二つの間には微妙な違いがあります。融通とは、元々は通貨の交換を意味して使われることが多かった言葉です。

経済の安定のために各国の政府が行うこととして、必要な外貨が足りなくなった国に、外貨を貸すというものがあります。その際、その国の通貨と交換するという形を取るのですが、その仕組みを融通と言います。また、天災の損失を政府が補てんするなどのときにも融通するという言葉が使われます。こちらは、お金を貸すという形であっても、利息をもらって貸しつけるというイメージのものではありません。

それに対して、融資というのは、利息をきちんと支払った上でお金を借りるという形のものです。このように、どちらもお金を調達するということには違いが無いのですが、言葉上の意味の違いは微妙でも、融通という考え方を利用した場合、気をつけなければならないことがあります。それは、融通手形を発行するということです。

この場合も、資金を調達するための手段には違いないのですが、この行為はかなりの危険を伴います。融通手形は、実際の商取引がないまま発行する手形だからです。資金繰りが苦しくなった時に苦肉の策として行われることが多く、知り合いの企業に頼んで、商取引を元にしないまま手形を発行してもらい、それを金融機関で手形割引することによって資金を調達するという流れになります。

形の上では手形のやり取りと言うことになっていますが、これは実際には手形を発行してもらう形で、融資を受けたのと同じ意味になります。しかし、問題はここからです。手形とは、元々手形を発行した人が、決められた期日にお金を支払うことを約束したことが記された証書です。そのため、手形の決済日を迎えた際、手形を発行した企業は手形に書かれた金額を支払う義務が生じます。

しかし、これは頼まれて発行したものなので、本来は発行することを頼んだ人がその手形に書かれている金額を用意して、返済するのが筋と言えます。しかし、用意してくれない場合は、手形を発行した企業がそのお金を用意しなければならないということになるのです。

ここで、なぜ手形を発行した企業がお金を用意しなければいけない事態になるのか、疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。手形の指定日にお金が払えない場合、手形は不渡りとなってしまいます。それの何が問題なのかというと、資金不足が原因で手形の不渡りを出してしまった場合、金融機関にそれが通知されるため、金融機関からの信用が著しく低下するからです。

さらに、状況によっては金融機関との取引を停止されることもあります。そうなると困るので、どうしても資金を用意する必要が出てくるということになります。最初に手形を発行するよう頼んだ会社は、資金繰りが苦しくなって最終手段としてそ手形の発行を頼んでいるわけですから、お金が用意できないことはかなりの確率であり得ることです。そのため、頼まれたとしても融通手形は発行しないようにしましょう。

このように、融資ではなく融通という形を取った場合、やり方によっては自社の経営を圧迫することになるのです。そのため、同じ資金を調達する意味合いで使われ、本来の言葉の意味の違いは微妙な融資と融通ですが、その意味をきちんと把握して、自社の経営に悪影響を与えないようにするべきであると言えます。