法人が融資を受ける際の企業による金利の差

法人がお金の貸し出しを受ける場合、企業によって金利に違いはある?

企業がお金を必要として融資を受ける場合、その金額は高くなる可能性があります。事業のための設備を整えたり、運転資金としたりするのであれば、それも当然のことと言えますよね。そうなると、少しでも金利が低い方が、後々の返済を考えても有利になります。この金利ですが、明確にいくらと決められている商品も中にはありますが、金融機関との交渉によって決定されることが多くなっています。

それでは、その金利はどのように決められているのでしょうか。それを知って、金利を下げることができれば、少しでも有利に融資が受けられますよね。そこで、金利の決め方について見てみたいと思います。融資の際の金利は、金融機関の企業に対する評価を元に決められています。

金融機関は、融資先の企業を5段階に格付けしています。何のためにこのようなことを行っているかと言うと、企業の状態を把握して、融資したお金をきちんと返済してもらえる可能性を評価するためです。当然、評価が良いほどきちんと返済してもらえる可能性が高いということになりますので、金融機関としてもそういう相手にはお金を借りてもらいたいと考えるのは自然ですよね。

そのため、評価が高いほど条件面では有利になることになります。その条件面の中に、金利も含まれています。さらに、評価が低いと金利が高くなるだけではなく、融資自体を受けられない可能性も出てきます。したがって、まずは評価が高まるようにするべきであると言えます。

では次に、どのようにしたら評価が高まるのかについて考えてみましょう。格付けの基準になるのは、会社の財務状況です。その際に、判断の元とされているものがあります。それは、企業から提出された決算書です。そのため、決算書の内容を良くすることによって、融資を受ける際の評価が変わることもあるのです。

それでは具体的にどのような点に気をつければよいのかということですが、大切なのは正確な内容にするということです。例として挙げるとすれば、現金残高が不自然に高くなっていたり、在庫が過剰に余っていたりするなど、信頼性を損なったり、粉飾を疑われたりするような書き方をしないということです。

実際のところ、決算書は税金対策として書かれていることが多く、会計処理が曖昧になっている可能性もあります。そうなると、金融機関で融資を受ける際には不利となりますので、正確な書き方を心掛けましょう。

さらに、決算書の提出を求められているからと言って、決算書だけを出さないということも大切です。決算書だけを提出すると、見た目の数字でしか判断できないことになりますよね。そこで、経営計画や、今後の見通しなどを説明した書類をつけることによって、数字以外の部分からも判断してもらえることになります。

このような形で、企業の評価を上げることが融資を受ける際の金利を下げることに繋がります。企業によって、同じように融資を受ける際にも金利が違ってくるので、少しでも評価を上げられるよう、決算書の内容には気を配るようにしましょう。