銀行から融資を受ける際金利を下げる方法

銀行から受ける融資、金利を下げることは可能ですか?

銀行から融資を受ける場合、返済の時には利息を支払う必要があります。この利息なのですが、借り入れ額が大きいほど、また借り入れ期間が長いほど、負担が大きくなります。企業が融資を受ける場合は、個人に比べて高額の資金が必要となることも珍しくありません。そうなると、少しでも金利を下げることができると、負担を減らすことに繋がりますよね。

ところで、企業が銀行から融資を受ける際、金利はどのようにして決められているか、ご存知でしょうか?一部の商品は金利が決められているので、それに従うことになるのですが、それ以外の場合は、実は金利は企業と銀行が交渉することによって決められているのです。ということになると、交渉次第では金利を下げることができるのではないかと思いますよね。これは、結論から言うと、金利を下げることが可能です。それでは、どのように交渉すると金利を下げることが可能になるのか、見ていきましょう。

まずは、融資を受けることを考えた場合、一つの金融機関だけで決めないということです。一般企業から商品を買う時のことを考えてもらえばわかると思うのですが、同じ商品を売りたいと考えている企業がいくつかあった場合、他社よりも安くしますというような広告を出して、自社の商品を買ってもらおうとしているところもありますよね。

融資の場合も同じで、自分のところからお金を借りてほしいと考えたとき、相手がいくつかの金融機関と交渉していることが分かると、低めの金利を提示してくる可能性もあります。例えば、高めの金利を提示してきた金融機関に、低めの提示をしている金融機関があることを伝えたとすると、借りてほしい場合はそれよりも低い金利を提示する必要が出てくるからです。

また、企業側が金利を意識して交渉に臨むことも大切です。金利についてあまり意識しないでいると、金融機関側に提示されるままの金利で契約してしまうことになります。しかし、金利を下げてもらおうと交渉することによって、金利を下げてもらえる可能性もあります。

金融機関としては、融資したお金を返してもらえることが一番です。そのため、金利の面も含めて、経営者が意識を持って会社を経営しているかどうかは、会社に対する印象にも影響します。そういった意味で、経営に無頓着なイメージを与えないためにも、きちんと交渉して行くという姿勢を見せることも、大切なのです。

企業のように、高額の融資を受ける場合は特に、利息の負担は少ないものではありません。そのため、少しでも負担が軽くなるよう、以上のような点に注意して融資の際の金利の交渉を行うようにしましょう。